ヘルプ・問い合わせ

Q 模倣品の輸入規制が強化されます(2022/10/1~)

2021年5月に改正された商標法及び意匠法において、海外の事業者が模倣品を郵送等により日本国内に持ち込む行為は商標権及び意匠権の侵害行為となることが明確化されました。

これを受けて、2022年3月に関税法が改正され、2022年10月1日(土)から海外の事業者が郵送等により日本国内に持ち込む模倣品(商標権又は意匠権を侵害するもの)は、個人で使用する場合であっても、税関による没収の対象となり、輸入ができなくなります。

楽天市場では、各ショップにおいて不適切な商品が販売されていないかを日々確認し、模倣品の疑いがある商品については、ブランドの権利者等への協力を得ながら、調査を行っております。出店者が模倣品を販売している事実が明らかになった場合は、当該ショップのサービス停止や出店契約解除等の厳正な措置を講じております。

ショップや商品によっては、海外から直接お客様宛に配送が行われる場合もございます。
万が一、模倣品の疑いがある商品を購入された場合には、「楽天あんしんショッピングサービス」による補償もご利用ください。

模倣品対策の取り組み
楽天あんしんショッピングサービスガイド


詳しい情報は以下の税関のHPもご確認ください。

税関HP「模倣品水際取締りの強化」

他にもこんな質問が見られています

問い合わせ

楽天市場へお問い合わせいただく際のご注意

楽天市場への問い合わせ

お問い合わせ待ち時間

チャットの応答までの待ち時間

5~10分前後

電話の営業時間中の応答までの待ち時間

30分以上

楽天グループ 問い合わせ一覧

もどる

ヘルプ・問い合わせトップ